重心高さ

ゴルフクラブ数値.comは、ゴルファーの皆さまのゴルフクラブ選びに役立てて頂くために、ゴルフクラブの数値に関する情報を提供するサイトです。当サイトではコンテンツの途中に広告が表示されますことをご容赦ください。
                    
                    
スポンサーリンク


楽天広告


ゴルフクラブヘッドの重心高さとは

ゴルフクラブの重心高さとは、下の写真のように、ヘッドの重心からフェース面に垂直に引いた線とフェース面とが交わる点から、リーディングエッジまでの距離です。アイアン、ユーティリティー、フェアウェイウッドなどのように、芝の上のボールを打つクラブの場合には、一般的に、低重心の方がスイートスポットでボールをヒットし易く、やさしいクラブであると言えます。

重心高さとは

                    
                    
スポンサーリンク


楽天広告


フェース上の重心の測定方法

フェース上の重心点は、写真のようにして測定します。

重心点の測定方法

市販ゴルフクラブの重心高さの平均値

市販ゴルフクラブの重心高さの平均値は、以下の通りです。

  • 2007年~2009年に市販された主な3番ウッド83モデルの平均値・・・22 mm
  • 2007年~2009年に市販された主なユーティリティー56モデルの平均値・・・20 mm
  • 2010年~2012年に市販された主な5番アイアン251モデルの平均値・・・18.9 mm

重心高さとヘッド左右慣性モーメントの関係

フェアウェイウッドやユーティリティーやアイアンは芝の上から打つので、低重心であるほどやさしくなります。しかし、低重心と言うのは、実は良いことばかりではなく、悪い一面もあります。

低重心にするためには、ヘッドの下の方にたくさんの重量を配分する必要があるのですが、このように一部分だけに重量をかたよらせると、ヘッド左右慣性モーメントが小さくなってしまうのです。つまり、大きなヘッド左右慣性モーメントによる「大きなスイートエリア」と「低重心」は両立が難しいのです。

下記の2つのグラフは、フェアウェイウッド241本とアイアン408本のそれぞれについて、重心高さとヘッド左右慣性モーメントの関係の統計を取ったものです。低重心であるほど、ヘッド左右慣性モーメントが小さくなっていることが分かります。

                    
                    
スポンサーリンク


GDOゴルフダイジェスト・オンライン広告
large_outlet
                    
                    

重心高さとMOIの関係(FW)

重心高さとMOIの関係(Iron)

                    
                    
スポンサーリンク


楽天広告


重心高さの選び方

低重心と大きなヘッド左右慣性モーメントは両立することができません。低重心にすれば、ヘッド左右慣性モーメントが小さくなりますし、ヘッド左右慣性モーメントを大きくすると、重心が高くなってしまいます。

芝の上のボールを打つクラブの場合、ヘッドスピードの遅いプレイヤーは、ヘッド左右慣性モーメントよりも、低重心を優先してクラブを選ぶ方が良いと思います。低重心のクラブの方がと、ゴルフがやさしくなります。

一方、ヘッドスピードの速いプレイヤーの場合、インパクトの瞬間に、ボールがクラブフェース上をずり上がる動きが大きいため、必要以上に低重心である必要はありません。むしろ、あまりにも低重心すぎると、重心よりも高い位置でボールを打ってしまい、バックスピンの少ないボールになってしまう可能性があります。低重心はほどほどにして、ヘッド左右慣性モーメントがある程度大きいものを選ぶ方が良いと思います。ゴルフボールの半径が21.3mmであることを考えれば、例えば重心高さ21mmのクラブでも十分に低重心です。

  

  

                    
                    
スポンサーリンク


楽天広告


実際のゴルフクラブの数値

実際のゴルフクラブの数値を数値ページでご参照ください。

           

GDOゴルフダイジェスト・オンライン広告


楽天広告


                    
                    
スポンサーリンク


GDOゴルフダイジェスト・オンライン広告
20130921_Custom_Order_8